京ごふく おか善 ホームページ
京ごふく おか善 商品紹介 着物ができるまで | 帯ができるまで 舞妓さん 京ごふく おか善 イベント 着物についてのよくある質問 京ごふく おか善 会社概要 おか善おすすめのリンク


【 帯ができるまで 】

  紋意匠図

織物の設計図を紋意匠図といいます。デザイン、彩色した図案をもとに紋図をおこします。右の写真は図案を拡大して方眼紙に写し取り、配色を塗り分けどのような組織で織っていくかを示すものです。この紋意匠図がもとになり次の工程の紋紙をつくるための指図書となります。きものと同じでまずは下絵を描いて柄を決めていきます。柄が複雑になればなるほど、この工程に神経を使います。




  紋紙

紋紙は厚紙のような紙にプツプツ穴があいているものです。紋図によって示された柄を紋紙に経糸の上げ下げを指示する穴を彫って、彫り上がった紋紙をキャタピラーのようにつなげていきます。右の写真は紋紙をジャガードにセットしているところです。写真ではわかりづらいのですが、ジャガードが高い位置にあるので、結構大変な作業です。




  ジャガード

ジャガードは紋織の心臓部です。先ほどセットされた紋紙の穴にちょうど入る金属製の針のようなものがその穴に入り込んで柄を創りだしていく装置です。現在ではこの紋紙に変りフロッピーになっていっている機もあります。織物の情報(デザインや組織)は紋紙やフロッピーディスクに入れられ、ジャカードによって取出され経糸の一本一本に指令する装置の綜絖(そうこう)を通して織様に伝えられます。写真の機は明治初期のもので今は木製のジャガードはほとんどなく大変貴重なものです。


  機(はた)

この部分が帯の柄を織っていく装置です。中央に縦にぶら下がっているヒモのようなものがジャガードからおりてきて経糸の上げ下げを指令し、そこに緯糸を通して織り上げていきます。中央に横にグリンで張ってあるのが経糸です。緯糸を通し織り上げていくのですが、その緯糸の目をまっすぐに整える役目をするのが、筬(おさ)といい、その筬をぶらさげ支えてある部分を金框(かまち)≠ニいいます。そして手元の織りはじめから巻きってあるドラム状の部分をちまき≠ニいいます。

  糸染め

帯の地の色や柄の配色に応じた色を糸の段階で染め上げます。織物は染物と違い糸目を置いて彩色していくのではなく、緯糸で柄を織り出していきます。糸染は紋織物にとってとても重要な工程のひとつです。指定通りの色に糸を染め上げる為には、微妙な色の違いを認識しなければいけません。ですから豊富な知識と経験が必要になってきます。帯の長さが約4mほどなので織りあがるまでは大変な労力です。先染の織物にとって、図案とともに大切な作業です。

  糸巻き

染まってきた糸を整理して糸巻きに巻いていきます。この糸巻きはよく着物の柄になっている 糸巻き ≠サのものです。染色された糸は綛(かせ)の状態なので使用するには必ず舞輪(まいわ)から糸枠に巻きとっていきます。整経や緯巻の工程のときに扱いやすいようにする為です。




  杼(ひ)

染まってきた糸を整理して糸巻きにまいていきます。ここから柄を織り出していくために使う杼(ひ) ≠ノ糸を取ります。右の写真の糸を巻きとってあるところは竹管(くだ)≠ニいいます。この杼の使用数が増えれば増えるほどに多色使いの複雑な織物になってきます。染・織の世界は本当に奥が深いものです。




  機織り

ここから柄を織り出していくために使う 杼(ひ)≠左右に動かし模様を織りだしていきます。機の足元には踏木と呼ばれる棒が数本ついていて、これを踏み綜絖を動かして、経糸を上下に操作して緯糸を通していきます。右の写真は夏の帯を織っている様子でぬれぬき織という織り方で管を濡らしておいて緯糸が乾燥しないうちに織り上げるもので大変手間のいる織り方です。濡らしておくことにより糸についている膠(にかわ)質のゼラチンが溶けて経糸と緯糸をしっかりからめ、きれいに目の揃った絽や紗の作品になります。

  完成

織人の永年の経験と技が織り成すすばらしい作品の完成です。普段何気なく目にしている帯や着物ですが、本当に大変な時間と労力が費やされ日本の伝統、文化を継承し守ってこられた職人さんによって生まれた作品です。今、お持ちの作品やこれからお求めになる作品も、どうぞいつまでも大切になさってください。
もっと詳しくお知りになりたい方は、西陣織工業組合のホームページをご覧下さい。アクセスするアドレスはリンク集にあります。

COPYRIGHT© 株式会社 おか善. ALL RIGHTS RESERVED.